腰痛ストレッチ

もも裏ストレッチ。腰掛けを利用します。腰かけに片足を置き(ももが腰掛けと平坦に近いように)、ひざに向かっておじぎをして、10秒ポーズを保ちます。内ももストレッチング。椅子を使います。太股を開けるような感じで、片足をいすの上に置き、やや屈めるような態勢をして、内ももが伸びているのを感じて、10秒ポーズを保ちます。お腹と背部のストレッチングもおススメです。同じように、バスタブにつかって、ぶらっと膝を曲げます。そして、両足を抱えるようにして、じわじわ胴体を膝のほうに倒していきます。背中が伸びているのを確認して、同じ姿勢を10秒保持します。これを3セット。

湯の中では水の負荷がかかり、苦痛もあらかたなく腰痛改善DVDのストレッチができるはずです。全てを一気にしようとすると、のぼせてしまうので、体を浄める前と後に別けてするようにしましょう。少しバスタブに浸かって、体が少し温まってから、ストレッチをするようにします。無茶をしない限度に、最初は頻度を少なくして始めたほうがいいかもしれません。全体的に、ゆっくり体が伸びているのを意識しながらします。